スマホメニューボタン スマホメニュー閉じるボタン
MENU

マキヌシの不動産ブログ

マキヌシグループの営業マンがお届けする不動産日記です。


「固定資産税」と「都市計画税」

みなさん、こんにちは!

 

経営管理部です。

 

前回のブログでは不動産を売却する際に支払う税金について少しお話しましたが、

 

今回は不動産を持っているときに支払う税金、

 

「固定資産税」「都市計画税」についてお話しますね!

 

 

・固定資産税とは、

 

不動産を持っているときに市区町村から課税される税金のことで、

 

その年の1月1日時点の所有者がその不動産を持っている間、毎年納めます。

 

 

税額は、

 

土地・建物それぞれの固定資産税評価額×一定の税率

(標準は1.4%ですが、市区町村により異なる場合があります。)

 

になります。

 

※固定資産税評価額とは市区町村が算定した土地と建物の評価額です。

(3年に一度見直されるため金額が変わります。建物は年月とともに老朽化が進み、価値

が下がるため建物の固定資産税は次第に少なくなっていきます。)

 

 

・都市計画税とは、

 

所有している不動産が都市計画法で指定された市街化区域内にある場合にかかる税金のことです。

※市街化区域については下図参照 

※市街地とは、人家や商店・ビルなどが立ち並んだにぎやかな土地のことで、農地や自然のままの森林などが見られません。そして、市街化とは建築物が数多く建築されているイメージになります。

 

都市計画税は固定資産税と同様、

 

1月1日時点の所有者に市区町村から課税され、不動産を持っている間、毎年納めます。

 

税率は、

 

土地・建物それぞれの固定資産税評価額の最大3%です。

(市区町村により多少異なる場合があります。)

 

固定資産税と都市計画税は、毎年5月頃に市区町村から送られてくる納付通知書により、年4回に分けて納めます。(もちろん一括で納めることも可能ですよ!)

 

 

このように、不動産の取得・購入後は毎月のローンの返済以外にも様々な費用が必要になってきます。

 

しかし、必ず全額支払わなければならない!というわけでもなく、

 

いくつかの軽減措置が設けられているものもあります。

 

その中には、役所等が手続きをしてくれるものや、自分で手続きをしなければならないものもあります。

 

そんなことを言われても、

 

「この不動産は軽減措置を受けられるの?・何をどうすればいいのかわからない!」

 

という方もいらっしゃるかと思います。

 

そんな時は、ぜひ当社へお越しください!

 

ご購入の手続きが少しでもスムーズになるように、精一杯お手伝いさせていただきます。

 

従業員一同、皆様のお越しをお待ちしております。

 

次回は、仕入開発部からお届けします!お楽しみに!

不動産ブログ一覧に戻る
不動産ブログ一覧に戻る