スマホメニューボタン スマホメニュー閉じるボタン
MENU

マキヌシの不動産ブログ

マキヌシグループの営業マンがお届けする不動産日記です。


不動産取得税について

 

みなさん、こんにちは!

 

 

経営管理部です!

 

 

みなさんは不動産取得税というものをご存じでしょうか?

 

 

毎年支払わなければならない固定資産税などとは違って

 

不動産(家や土地)を取得した際に取得した人が一度だけ支払わなければならない税金です。

 

 

取得というのは有償・無償・登記・未登記を問わないものであり、

 

例えば、ただでもらったとしても支払わなければなりません。

 

 

また建物の価値を高める増改築も部分的ではありますが、

 

新たな不動産の取得と見なされ不動産取得税の対象となります。

 

 

だだし、例外として不動産の取得の理由が相続の場合には、相続税とは関係なく、

 

不動産取得税については非課税となり、取得に関する申告や免除申請等も必要ありません。

(不動産の生前贈与は通常の不動産取得税の対象となります。)

 

 

不動産取得税の計算は基本的には取得した不動産の価格(課税標準額)に

 

税率をかけたものとなります。

 

 

不動産取得税=課税標準額×税率

 

 

税率は原則4%ですが、国が住宅の取得・流通の促進を図るための特例措置を実施しており、

 

本来は令和3年3月31日までの予定でしたが、

 

新型コロナウイルスの影響を鑑みた令和3年度税制改正の大綱により

 

期間の3年間の延長が行われ令和6年3月31日までは引き続き3%に軽減されています。

 

 

土地については宅地や宅地と同様と見なされる土地に限っては

 

その評価額の2分の1が課税標準額となります。

 

 

土地不動産取得税=評価額×1/2×3%

 

 

建物については控除というものもあり、評価額から控除額を引いたものとなり、

 

この控除額は建築年数によって決まります。

 

 

不動産取得税=(評価額-控除額)×税率

 

 

不動産取得税以外にもお得な減税制度、補助金、優遇制度などを用いた

 

不動産の購入や新築、買い替え、売却など牧主グループでは

 

お客様一人一人の要望に寄り添うご提案を行っております。

 

 

お家のことで何かお悩みのことがございましたら、

 

ぜひ牧主グループまでお気軽にお問い合わせください。

不動産ブログ一覧に戻る
不動産ブログ一覧に戻る