スマホメニューボタン スマホメニュー閉じるボタン
MENU

マキヌシの不動産ブログ

マキヌシグループの営業マンがお届けする不動産日記です。


不動産の査定について

こんにちは、北野田店です。

 

夏休み中にご家族やご親族で話し合い、お家や土地を売るために

不動産会社に査定を依頼しよう!とお考えになった方もおられると思います。

 

 

そこで今回は、

「査定を依頼する前に用意しておくと良いもの」

についてお話します。

 

電話やインターネットでも簡易査定は可能ですが、より詳しく査定して、

不動産会社と媒介契約(不動産の売却を依頼する契約)

を結ぶには以下の書類が必要になります。

 

 

1.全部事項証明書

2.公図

3.土地の測量図または建物の図面

(1~3の書類は不動産会社で手配することも可能です)

 

上記の書類以外にあれば良いものとして

■リフォーム歴があればその内容をまとめた書面

 

リフォームされている物件は評価が上がり、アピールポイントになるので

事前に書面にまとめてあると広告活動もしやすくなります。

 

不動産会社がチラシやインターネットでリフォーム済み物件として

紹介する場合、以下の情報が必要です。

①リフォームした時期

②実施した箇所とその内容

 

①インターネットはリフォーム時期が何年何月まで

 入力必須な場合がほとんどです。

 

②リフォーム内容はできるだけ詳細に「キッチンをリフォーム」

 と一口に言っても、ガスコンロだけの交換と、

 システムキッチン一式を新調では随分違います。

 より詳しい情報を提供することで広告しやすくなり、

 トラブルも少なくなります。

 

また、査定を依頼する時に

「家の中が散らかっていると査定額が下がるのでは?」

と心配な方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

大丈夫です!評価が下がるということはありません。

あくまでも土地や建物そのものを評価するので、

査定の前に慌てて室内を片付ける必要はありません。

 

査定について簡単にまとめましたが、いかがでしたか?

査定希望の物件が遠い方、相続不動産でお困りの方もご相談下さい。

当店には相続カウンセル資格者が3名在籍しています。

 

■手続きが面倒な方

■空家にして家具や荷物の処分にお困りの方

■何から始めて良いかわからない方

■高く売るアドバイスが欲しい方

■他社でなかなか売れない方

 

お気軽にご相談下さい!

 

不動産ブログ一覧に戻る
不動産ブログ一覧に戻る