スマホメニューボタン スマホメニュー閉じるボタン
MENU

マキヌシの不動産ブログ

マキヌシグループの営業マンがお届けする不動産日記です。


不動産売却の仲介について

こんにちは!

今回は狭山店不動産売却時の仲介についてご紹介します!

 

不動産の売却方法には大きく分けて2つあります。

「仲介による売却」「買取による売却」です。

 

「仲介による売却」とは、私共のような不動産会社が広告活動や

ご紹介を通じてお客様を現地へご案内し、気に入っていただいた

お客様に買っていただく方法です。

 

「買取による売却」とは、不動産会社に、直接買い取りを依頼する方法です。

 

 

今回はその中でも「仲介による売却」方法についてご紹介させていただきます。

 

 

「仲介による売却」で依頼する際には3つの契約の形式から選ぶことが可能です。

 

・専任媒介契約

・専属専任媒介契約

・一般媒介契約

 

 

専任媒介契約

売却を直接依頼する不動産会社が一社に限られます。依頼を受けた不動産会社は

近畿不動産流通機構への登録が義務付けられています。それによって、売却の依頼を

受けた不動産会社だけでなく全ての不動産会社から購入希望客を募ることが可能です。

売却活動については一社のみへの依頼なので大切な財産・不動産の管理等、安心安全です。

売主様に対する書面での活動報告の義務もあります。

販売活動においても、後述の一般媒介契約よりも積極的になる傾向があります。

 

専属専任媒介契約

こちらも売却を直接依頼する不動産会社は一社に限られます。依頼を受けた不動産会社は

近畿不動産流通機構への登録が義務付けられていますので、専任媒介契約と同様に広く

集客することが可能です。大切な財産・不動産の管理も一社のみなので安心安全は前述の

専任媒介契約と同様です。売主様に対する書面での活動報告の義務もあります。

専任媒介契約との違いは、自己発見取引(親戚や友人等から不動産会社の活動とは別に

自身で購入者を見つけた場合)であっても、必ず仲介を通して取引しなければなりません。

 

一般媒介契約

売却を依頼する不動産会社の数に上限はありません。近畿不動産流通機構への登録義務

はありません。複数の不動産会社に重ねて依頼する事が可能です。広く集客できる一方で、

複数の不動産会社が介在することによって、大切な財産・不動産の管理等の責任の所在が

不透明になる恐れがあります。また、一般媒介契約には売主様に対する書面での活動報告

の義務もありません。自己発見取引も可能です。

売主様・仲介会社両者に対して制限の少ない契約形式です。

 

 

売却する際の状況や市場の流れ、需要と供給のバランスなどを考慮して

媒介契約の形式を選ばれると良いかと思います。

 

どうすれば、希望する価格で少しでも早く、売却できるか・・・!!!

 

僭越ながら私共のような地元の集客力(広告量や既存顧客の数等)の強い

不動産会社、マキヌシグループに専任媒介契約か専属専任媒介契約で

ご縁を結んでいただくことがオススメです!!!

 

ご質問、ご見学などの

お問い合わせは

フリーダイヤル 0120-683-913

担当 泉野(いずの)まで!

スタッフ一同、心よりお待ち申し上げます・・・!!!

 

次回のブログは、香芝店からのお届けです!

お楽しみに!!

不動産ブログ一覧に戻る
不動産ブログ一覧に戻る