スマホメニューボタン スマホメニュー閉じるボタン
MENU

マキヌシの不動産ブログ

マキヌシグループの営業マンがお届けする不動産日記です。


建替え・新築をお考えの方

こんにちは!

富田林東金剛店です!

 

だんだん寒くなってきましたね。

一日の中で気温差が大きいので体調を崩してしまいそうですが、

食欲の秋!!しっかり食べて乗り切りましょう!

 

 

ところで、建替え・新築をお考えの方、

建築基準法というものをご存じでしょうか?

 

 

建築基準法では、

原則として敷地が幅4m以上の道路に2m以上接していなければ、

建築物を建てる事はできません。

 

 

 

空き地があるからといって家が建てられるとは限らないんですね。

 

 

建築基準法上の道路には・・・

 

1号道路

道路法による道路 国道、県道、市道など公道のこと

(但し、高速自動車道路は敷地が接していても接道扱いにはなりません。)

 

位置指定道路

特定行政庁が位置指定した4m以上の私道

(私道でありながら法的に認められた道路)

 

2項道路(みなし道路)

建築基準法が施行(昭和25年)されるより以前からあった幅4m未満の道路

2項道路は建築基準法施行の時点、

あるいは都市計画区域に指定された時点で、

4m未満でありながら既に家が立ち並んでいた道路です。

幅員が4m未満ですが特定行政庁が特例として指定した道路になります。

 

2項道路に接した敷地で家を建替え、または新築する際は、

道路の中心から2m後退したところを道路境界とみなして

建築しなければなりません。

 

 

 

セットバックした部分には家はもちろん、

塀やフェンス、カーポートなどの工作物は建築できませんし、

建ぺい率や容積率の計算をする場合、

セットバックした部分は敷地面積に算入しないので、

希望する大きさの家が建てられないという事もあり得るので注意が必要です。

 

そもそも、なぜ4mに満たない狭い道路がダメなのかというと・・・

 

●火事が発生したとき消防車が入りにくい

●救急車がスムーズに入れない

 

命にかかわることなので、

現在は4m未満の道路であっても、

将来的にはすべて4m以上になるようにセットバックをするんですね。

 

お家の新築や建替えをご検討されている方のご参考まで。。。

 

 

更に、

 

◎ 出勤時に全社員の検温

◎ 店舗内をこまめに換気

◎ 非接触型アルコール消毒スプレーの設置

◎ テーブル使用後は毎回アルコール消毒  等・・・

 

できる限りの新型コロナ感染予防対策をしております!!

 

 

ご質問、ご見学などの

お問い合わせは

フリーダイヤル 0120-287-190

担当 金友(かねとも)まで!

 

スタッフ一同、心よりお待ちしております!!

 

次回のブログは河内長野店からです!お楽しみに!!

 

不動産ブログ一覧に戻る
不動産ブログ一覧に戻る